臨地講習「信濃の国探訪」

ねらい
広い信州の各地を訪ね、その地の豊かで貴重な自然に接して親しみ、その地に生きる人々の暮らしや文化・歴史・民俗について学び、私たちの郷土に対する認識を深めます。また、講習をとおして会員同士の交流を深め、広い視野に立つ教育実践に寄与します。
ご案内
・主催   信濃教育会
・共催   諏訪教育会
・後援   長野県教育委員会 岡谷市教育委員会 諏訪市教育委員会
・開催場所 岡谷・諏訪方面
・期日   令和3年8月4日(水)~5日(木)
・内容   岡谷・諏訪地区の製糸産業にかかわる歴史と文化
・講師   宮下健司先生
講座のご案内
(講座のご案内)
健康観察チェックシート
(健康観察チェックシート)
講習の様子
講習の様子の写真1
講習の様子の様子の写真2
~参加者の声~

「信濃の国探訪」も4回目になりましたが、1日目の集合が9時、2日目も6時から研修、夜の交流会など…、1万円では安い、とてもお得な研修だなあと感じました。1日半ですが、2日分のボリュームがあり、宿泊している意味があるなあと感じました。また、宮下先生のお話をじっくり聞いたり、しっかり写真を撮ったりすることができました。さらに身近にある目に見えない世界を時間や空間を繋げてお話しいただけて、とても勉強になりました。

私は現在、中学校の社会科の授業を行っていますが、教員1年目で、教科書をどのように学習させるのかということに追われ、地域(坂城町)にある豊富な教材を活用できていないということに気づかされました。まだ、地域の教材を活かせるだけのスキルもないわけですが、子どもの気持ちに立ってみると、教科書、資料集等で得た知識が子ども自身の生活と結びつくときっと社会科が好きになるのだろうと思います。宮下先生のお話は、歴史学、地質学、生物学など様々な視点をおりまぜながらのものなので、点と点であった知識が結ばれていくのが楽しかったです。

■お問い合わせ
 TEL 026-232-2470
 FAX 026-232-1892