基礎講座「発達障がいのある子どもの理解と支援」

 

ねらい
通常学級における広汎性発達障がい・LD・ADHD等、特別な教育的支援が必要な児童生徒の理解や支援のあり方について、講義や演習を通して具体的な支援方法を学び、指導力の向上を図ります。
ご案内
・主催   信濃教育会
・共催   長野上水内教育会 長野県特別支援教育研究連盟
・後援   長野県教育委員会 長野市教育委員会 特別支援学校校長会
・開催場所 信濃教育会館
・期日   令和3年7月29日(木)
・講師   鷲塚 輝久先生 (東口メンタルクリニック院長 精神保健指定医)

講習の様子
~参加者の声~

鷲塚先生の経験から子どもの立場に立った視点で発達障がいの子どもの心を考えることができました。自分の言葉掛けや支援がこれで良いのか考えさせられることが多いのですが,支援者として「子どもの安心基地になる」「子どもの伴走者になる」という言葉を心に刻んで取り組んでいきたい。

子どもたちの観察眼は鋭い,自己肯定感を高めていけるようにすると言うことが特に心に残りました。子どもたちの将来の一端をになっているということをしっかりと自覚し,2学期以降,子どもをよくみて一人一人と接していきたいと思いました。多様な子どもがいる中,特性をよく知り,対応の仕方についても,関わり方で信用される存在になれるかどうか,教師のかかわりの重要さを感じました。

「頑張れ学校」という言葉には目が覚める思いでした。自分たちの取組に自信をもち,さらに自己研鑽を積んでいきたいと思いました。保護者や生徒が学校に信頼を置けるようになるには何が必要か日々考えていきたいと思います。

医療に頼りすぎず,教師が主導となって教育的診断を出していくということが印象に残りました。保護者と話していく中で,つい医療に頼っていたところはあったと思います。医療との連携を図りながらも教育的な診断は自信をもって出せるように,これからも日々を過ごしていきたいと思います。

HSCという言葉を初めて聞きました。自閉症は一部分に敏感であるけれど,全てのことが気になってしまう症状に,普段接している子どもの顔が浮かびました。傾聴を大切にしてその子の存在を大事にしていきたいと思います。

■お問い合わせ
TEL 026-232-2470(代表)
FAX 026-232-1892