基礎講座「発達障がいのある子どもの理解と支援」

 

ねらい
通常学級における広汎性発達障がい・LD・ADHD等、特別な教育的支援が必要な児童生徒の理解や支援のあり方について、講義や演習を通して具体的な支援方法を学び、指導力の向上を図ります。
ご案内
・主催   信濃教育会
・共催   長野上水内教育会 長野県特別支援教育研究連盟
・後援   長野県教育委員会 長野市教育委員会 特別支援学校校長会
・開催場所 信濃教育会館
・期日   令和3年7月29日(木)
・講師   鷲塚 輝久先生 (東口メンタルクリニック院長 精神保健指定医)

講習の様子の写真1
講習の様子の様子の写真2
講習の様子
講習の様子の写真1
~参加者の声~

講演から、我々の子ども観や指導観を変えていく必要性を強く感じた。そこにインクルーシブの考え方の基があるように思った。「環境に影響を受けやすい」「子どもの理解は教員の嗅覚で」というお話があったが、今まで漠然と思っていたことが明確になり、大変勉強になった。

同じ演習を受けた方からは、資料があるからと声をかけていただいたり、ご自身の経験をお話しいただいたりした。“つながり”の素晴らしさを強く感じるとても嬉しい経験をさせていただいたことに心より感謝している。

体験を通しながら教えていただいた演習「子どもの理解」は、夏休み明け、職員研修で扱いたい、共有したいと思った。一言で発達障がいとくくれない個による特性の違い、何が障がいで何が障がいではないのか、学校や教師は何ができるのか、どう支えたらよいのかについて考えさせていただいた。ユニバーサルデザイン化も加味しながら、一つ一つ環境を整えたいと思う。

今まで見えなかった子どもたちのよさを見つけられそうです。子どもたちの笑顔のために頑張るパワーを講師や指導者の先生方からたくさんいただいた。

■お問い合わせ
 TEL 026-232-2470(代表)
FAX 026-232-1892